スタッフ

教授 北宅善昭 (KITAYA Yoshiaki)
kitaya@envi.osakafu-u.ac.jp
kitaya 研究内容
生物と環境の相互影響を物理的な観点から解明する手法を用い,自然生態系の保全,長期有人宇宙活動を支援するための物質循環型閉鎖生態系生命維持システムの構築,および持続的な循環型農業生態系の構築を目的として,主に植物と環境のモニタリングおよび制御に関する技術開発研究をおこなっています.

主な担当科目
植物環境物理学,環境生態学,循環型社会システム論

准教授 渋谷俊夫 (SHIBUYA Toshio)
shibuya@envi.osakafu-u.ac.jp
shibuya_web 研究内容
植物は周辺環境から自身がおかれている状況を感知し,過酷な環境に順応する術を持っています.このような生態をうまく利用できれば,環境制御によって植物生育を好適に調節できる可能性があります.これまで,光や湿度、CO2などの物理環境を制御することによって,植物の光合成能力やストレス抵抗性を向上させることができることを明らかにしてきました.現在,それらのメカニズムの解明を行うとともに,農業生産や緑化への応用に向けた取り組みを進めています.

主な担当科目
植物形態分類学,植物環境生理学,植物環境制御学,生物学実験,緑地環境科学実習演習IIA・ⅡB

講師 遠藤良輔 (ENDO Ryosuke)
endo@envi.osakafu-u.ac.jp
endo 研究内容
バイオマス利活用型の持続的植物生産の確立に向け,メタン発酵などのバイオマス転換技術を通じて構築された生育環境に対する植物の応答を解析しています.また,植物の不可視かつ不均一な環境応答を,画像処理やクロロフィル蛍光法などによって空間的に可視化して評価する技術手法について研究しています.

主な担当科目
循環型社会システム論,植物環境制御学,生物学実験,緑地環境科学実習演習ⅡA・ⅡB